2缶目突入!切り傷・すり傷・軽度のやけどに「メモA」

      2019/05/21

ドラッグストアの隅で売ってる(笑)軟膏

数年前の話です。軽度ながら広範囲で手の甲にやけどを負った相方。夕方に連絡があり。病院に行くほどではない(行く時間の余裕もない)、でもめっちゃ痛い…ということで。今夜を乗り切るために「やけどによい軟膏を買っておいて」という指令がありました。

やけどといえば馬油と一番に浮かびましたが、皮膚の乾燥や跡を残さず治すのにはよいけど、痛みによいとは聞いたことない…どうしたものか。

ドラッグストアで軟膏をみたものの、種類が多すぎて迷う。そこで薬剤師さんに相談!本人が言っているやけどの度合いと、軟膏を使う目的(とにかく今は痛みを抑えたい)を伝えて、どれ買ったらいいですか?と、雑な質問。

薬剤師さんが、やけどの痛みを和らげるならこれがよかったです。といって薦めてくれたのが、メモAでした。

薬剤師さんに相談して選んだ塗り薬

地味なパッケージに、昔ながらのシンプルな缶。自分では選ばなかっただろうなーと今でも思ってます。 購入の決め手は、使用談。実際に使ってみたことあったみたいで、いくつかの候補を否定することなく、使ったものに関しては特徴と使用感を丁寧に教えてくれました。女性の方でしたが、名前も顔も覚えてない…。 でも感謝。これがいい!とか、売れてます!とかそういうことではなく、ちゃんと主訴を聞いて、主訴に対して必要なものを提案してくれる…医療従事者のお手本みたいな対応でした(大げさ)。

やけど関係の商品の中で、一番下の隅っこに置かれていたので、人気のある商品ではないんじゃないかなぁ…。でも我が家の用途には、当たり!でした。

じんじんしたやけどの痛みのまま帰宅してきた相方に、この軟膏を塗ったら、本当に痛みが少し和らいだみたいで、喜んでました。朝になったらもう病院にいくほどではない?(行ったほうがいいけど)という程度まで回復。でも痛みはすぐには収まらず、そのまま軟膏を数日塗り続けました。やけどの跡も残りませんでした。軽度だったからかも。

忙しいことを理由に、あまり病院へ行かないのはいいことはでないです。でも、確かにこの程度で病院行かないかも。という気持ちもわかる。これは、そう簡単に休めないぜ!っていう人や、ちょっとしたことで病院行きづらいぜ!という性格の人やパートナーを持つ人にオススメの軟膏です(笑)

痛い切り傷に(浅いやつね)

包丁で切り立て。血が止まったところ

最近、私が包丁でさくっと切った手のひら。血が止まっても、じんじん痛い。そんなときにこの軟膏を塗ると、痛みがやわらぎました。傷の治りの差は特に感じません。とにかく痛みがましになる。←これ大事。

4日後にはかさぶたも取れかけてきました

浅い傷の場合、見た目のわりに痛みが続いて地味に辛いです。この軟膏を使うと、"たいしたことない傷"の"地味な続く痛み"を緩和してくれるので、小傷や軽いやけどの多い我が家にはかかせません。なくなったらまた同じの買います。これはいい!

ここからも買えます

 - drug , , ,