化粧品にも消費期限!?どれくらい?いつまで使える?コスメの断捨離習慣

      2019/02/01

食べ物と一緒で、化粧品にも消費期限があります

たまに、お気に入りのブランドのアイシャドーやクリームなど、特別な日にだけ、ちびちび使って、3年目。なんていう人を(わりといる!)見かけますが、本当は結構デンジャラス!といいつつ、私もよくやってしまうのですが…。

今日は消費期限について書いてみたいと思います。

私が以前に仕事で、某化粧品メーカーの薬事法に関連する文字校正のチームに参加させていただいていた時に聞いた話です。そのあと、あちこちのビューティカウンターでも聞いてみました。

その結果はこちら↓

消費期限の目安※商品によって異なります。

通常のコスメの場合

未開封なら2年
開封後は半年

これが使用目安となります。
保存場所や使用環境によってこの消費期限が短くなることはありますが、上記の目安を過ぎたものは、メーカー側が品質を保証できる範囲で「使える」と公式に言うことはできません。

カスタマーサポートで、昔買ったファンデーションがでてきたんだけど使ってもいいか?という問い合わせがあった際、使用期間の基準としてお伝えしていたと記憶しています。

さらに最近多いパラペンフリーとかオーガニックと呼ばれるコスメたちは、もっと短いと考えてよいと思います。

というのも、パラペンは防腐剤。長年の蓄積で肌や健康への影響を危惧する声もありますが、現在の法律では、「使ってよし」と判断された基準内で配合されています。防腐剤を使っていない商品は、別の形の防腐・殺菌効果のある成分が入っていたり、精油など植物由来の防腐成分が入っていることもあります。

基本的なオーガニックコスメの場合

未開封で半年~1年
開封後は3ヶ月

これを使用の目安にしてよいかと思います。オーガニック系なら商品の説明書に記載されていることもあるので、購入した時に箱や説明書をすぐ捨てないで、一度見てみるといいかも。

ちなみに、これは「買ってから」ではなく「製造されてから」です。

プロパー(定価)で、直販、正規代理店流通であれば、ほぼほぼ到着から2年(または半年)と考えても大丈夫かと。でもアウトレット商品や、訳あり、並行輸入などの場合、どこかでストックされていて、在庫がだぶついてきたから値下げ販売されている可能性もあります。消費期限を意識して計画的に買った方が安心です。

防腐剤が入っていなくても消費期限の長い商品はあるのか?

コスメを使用するときに「フタを開けるタイプ」だと毎回空気に触れます。手を使っていれば手についている雑菌が移ることも。そう考えると使いきりサイズや、1週間、1ヶ月単位で使い切ることを想定した容量のものが安心かなと思います。手で直接触れずに使えるポンプタイプや、スパチュラ、スポイトタイプが個人的には安心感があります。

ビタミンCコスメは開封後なるべく早く使い切りたい

今までいろんなビタミンC系の美容液やクリームを使用してきた感想として、ビタミンC配合商品は、酸化がめちゃ早い印象があります。防腐成分が入っていても、半年と言わず2ヶ月くらいで色が変化してきます。色の変化、匂い、刺激など普段と違う変化を感じたら使用しないこと。スキンケアのつもりがダメージになってしまったらもったいないですよね。

コスメの断捨離と記録写真

普段使わないのに、テンション上がって買ってしまったアイシャドーとか、いつのだっけ?っていうのがたまに出てきます。でも、使わないで少し経ったものは、ちゃんと捨てます。そのあとの肌ダメージの方が高くつくリスクがあるので。

迷わず捨てる。と言いたいところですが、使うかも、使わないかも・・・ともんもんしつつ、写真を撮っておさらば!が最近の習慣です。写真を撮るのは、その商品のよかった点や、結局使わなかった理由などを思い出しリスト化するためです。趣味と仕事の資料のため。(コスメ商品の原稿を書く機会が多かった時は、使い終わっても容器や説明書は保管していました。今は、仕事が終わったら写真を撮って処分しています。)

あとは毎年衝動的に買うけど、結局使わないじゃん!という失敗を繰り返さないためにも便利だと思います。(私だけかな…)

春と秋に断捨離タイムを設定

主に季節の変わり目、春や秋に新しい化粧品が欲しくなります。きっと今よりもちょっと変化したいと思ったり、季節感のあるカラーが欲しくなったりと、最近少なめの女心がうずうずしだす時期なんだな、きっと。

このタイミングで、コスメ関連の商品を全部出して、一定期間使わなかったものは捨てます。もらったけど使ってないサンプルは、見えるところにおいてすぐに使うか、もしくは処分。使用感のわかっている商品のサンプルなら旅行や、登山帰りの温泉用に一定期間ストック。その後は、選別した状態で使いながら、定期的に見直して、捨てていきます。

「片付けるのではなく、必要なものだけを残す」

断捨離すると毎日使っているものは、 意外とそんなに多くないことに気づきます。「片付ける」としまい込んで結局使わない、存在を忘れてしまうことも多いです。なので、「必要なものだけを残す」これが私には合っているようです。ただ忘れっぽいので、写真は残しておかないとですけど(笑)

季節の変わり目は、新しいものが欲しくなるタイミング。
今こそ絶好の断捨離タイムだと思います。

 - cosme, lifestyle