【24時間"眉ロス"防止】セルフタンニングで地眉風アイブロウ

      2019/08/09

夏場は、汗との戦いだ!

ここ数日、日中は外に出たくない。やばい暑さ。車に乗ると車外気温39度とか表示されたりして。外にいると息してるだけで汗だくです。。

したたる汗を拭き、汗で濡れた前髪に触ったり…とにかく眉毛の周りに触れる回数が急増!「気づいたら眉毛ない」というのは、なんとしても避けたい!というわけで、不定期で愛用中のセルフタンニングアイブロウをAmazonでポチ。

到着!8月4日にポチって5日着でした。相変わらず早い!

 

セルフタンニングとは!?

紫外線にあたらずに日焼けしたような小麦色の肌にすることを、セルフタンニング、セルタンと呼びます。肌の表面(角質層)を染めて色を定着させるので、塗るのをやめると3~7日程度で元に戻ります。

 

ビナ薬粧のセルフタンニングアイブロウ(ディープダークブラウン)の特長

長時間キープ
セルフタンニング成分が角質層に染着して、メイクを落としても眉ラインをしっかりキープ!

1日しっかりキープ
汗や水に強いので、普段使いはもちろん、スポーツや海、温泉で知らないうちに「消えてた!」という心配がありません。

描きやすいフェルトペン
従来のアイブロウ成分にセルフタンニング成分を配合した眉専用のアイブロウ。1日2回(朝・晩)、2~3日でタンニングの発色を実感できます。2~3回重ねて描くと濃く染まります。従来のアイブロウ成分は、クレンジングなどで落ちます。発色の実感後も、カラーをキープするために毎日のご使用をオススメします。

ビナ薬粧のセルフタンニングアイブロウ(ディープダークブラウン)の使用感

メイクを落としても眉が残る!
水や汗に強いウォータープルーフタイプよりもセルタンを選ぶ理由のNO.1はこれ。メイクを落としても、眉毛がうっすら(100%ではない)残ること。なので、すっぴんだけど、眉毛あるよ。な顔になります。自然な感じを求める方にはオススメ

自然な着色
セルフタンニングアイブロウは、ベタっと不自然な色にはなりません。 肌の表面(角質層)までを染色する仕組みなので、使用をやめればターンオーバーと共に約1週間ほどで元通りに。

好きなアイブロウラインを描ける
アイブロウ成分は普通のクレンジングでメイクが落ちます。ただ、セルフタンニング成分により肌自体が染まるので、眉毛は残ります。正直、最初のうちは物足りないくらいの薄さしか残りませんが、毎日使っているうちに、眉毛のラインうっすらうっすらと自然と色がのってきます。私は描くのがへたくそなので、薄めにのせて1週間くらいかけて気に入った形を固めていきます。

使用感のまとめ&不定期リピート中

登山中も眉毛が消えない!
今まで趣味の登山では、帽子も被るし、汗ダクダクだし、眉ロス率がかなり高かったです。体力ギリギリなので日焼け止めを塗りなおすことはあっても、山頂についてメイク直し♪なんて気分になりません。でも、セルフタンニングアイブロウなら、眉ロスをかなり防いでくれます!

地眉が薄い・短い人のすっぴん眉に
セルタンタイプのアイブロウだと、アイブロウ成分が消えても、地眉毛みたいな感じでタンニングした部分が残ります。これ1本ですべて描く、というよりも、薄い部分を埋めたり、消えたら困る部分(眉尻)にラインを作る感覚で使うと自然に仕上がります。毎日使っていると地眉が薄い&ハゲてる部分も気になりません。温泉や旅行先などすっぴんでみんなでワイワイする機会があるときには、1週間くらい前からしっかり描いて馴染ませるべし。メイクを落としたあとも、自然な地眉毛感をキープしてくれました。優秀!

不器用な人でも使いやすい!アートメイクに興味のある人も
フェルトタイプは、初心者&不器用さんでも使いやすく、ひと塗りだと薄めなので徐々に描いていけます。最初はベタっとでてくるので、少しづつのせていくこと。重ねて濃くしていけば失敗しにくいです。一撃入魂!みたいな書き方をしなくても大丈夫。ちなみにアートメイクだと、施術者の腕やセンス次第で眉毛ボーン!みたいな色やラインになったり、かさぶたがはげるまでのダウンタイムがあるけど、セルフタンニングは手軽に始められるし、修正しやすい点も魅力です。

肌への負担はどうだろ?
ウォータープルーフコスメを使うと、落ちないようにメイクを意識してしまうせいか、濃い目に仕上がってしまうのが悩みでした。また、メイクを落とす時に専用クレンジングや必要な場合が多く、毎日落ちにくいメイクを落とす肌負担も気になります。

もちろん、セルフタンニングも染着するので、ノーダメージではないと思います。一時期ずーっと使っていましたが、肌ダメージやトラブルは感じませんでした。でも、年齢を重ねていくにつれ、何も起きてないけど、気にはなる。というわけで常用はしていません。眉毛ロスしやすい夏場限定でお世話になっています。

使う時期にポチ!
ワンシーズン(3ヶ月)で、2~3本使っている記憶あり。あと使わないで放置している時期が続くと乾くのか、もしくは使っているうちに皮脂などで汚してしまうのか、思っているより早くペン先が死にます※。定期的に使い続けているほうが長持ちするような気が。 ※完全に主観なので、ご参考までに。

コスパよし!
1本あたり1300円程度。Amazonで買うと翌日着で買えるし、楽天でもメール便送料無料のところが多いので、必要になった時にポチ。「眉毛消えたかも!?」ストレスがかなーり減るので、これは買いです。

使用方法

  • 必ず洗顔後、化粧水や乳液をつける前の素肌に描くこと。
  • ペン先を斜めぎみに寝かせて肌にあて、眉毛の薄い部分から描き足す。
  • 描いてから数分で染まり始めるので、描き損ねた場合は、すぐに洗い流す。
  • 使用後は必ずキャップを閉める。

    ^^)普段の使い方
    洗顔後、肌が乾いた状態(汗も注意)で、一番最初にセルフタンニングを塗ってから、眉を避けてスキンケア。ベースメイクをする頃には乾いてくるので、その後、眉のベースライン(足りないところだけ)描き足して、その上にパウダーのみでも充分。メイクによってその後アイブロウマスカラで色を整えればOK

使用上の注意

眉専用です。アイライナーとしては絶対に使用しない。
ファンデーションを含むメイク製品や、スキンケア製品、汗、皮脂がペン先に付くと液が出にくくなったり、目詰まりの原因になるので注意する。
眉に乳液、クリームなどの油分がついていると染まりにくくなる。

全成分

水、ジヒドロキシアセトン、エタノール、エトキシジグリコール、ペンチレングリコール、クチナシエキス、ポリビニルアルコール、BG、EDTA‐2Na、ピロ亜硫酸Na、メチルパラベン、[+/-]青1、黄4、赤102、赤106、赤227

ここからも買えます

 - cosme, eyemake-アイメイク-